住職に聴く!トランプ革命、ハルマゲドンの闘い(2)

ー民衆運動の敵は誰か?ー

 

現実は常に想像を超える

ーー 私、何がなんだかわかりません。

トランプは選挙で敗北しました。

アメリカの四つ州がバイデン陣営の不正を

訴えても、裁判所は取り上げません。

 

住職: はい。

 

ーー マスコミからは、非難の嵐です。

トランプ陣営の先鋭たちは、

全員、SNSからも追放されました。

 

住職: 1月6日は、バイデンの大統領就任

に異議を唱える議員が、160人ぐらい出ま

した。

 

ーー それなら公の場で、不正選挙について

何らかの話し合いが行われるのかと思いました。

 

住職: 僕も期待していました。

 

ーー ところが当日、連邦議事堂が大混乱

に陥り、議会は中断され、死亡者まで出ました。

 

住職: その結果、ほとんどの議員が異議を

引っ込め、大統領はバイデンに決まりました。

 

ーー そうですよね。

ところが住職は、それらがトランプ陣営の

作戦で、かつ誰も死んでいない、

って??? 

私には、さっぱり意味がわからないのですが…….。

もしかしたら、陰謀論ではないのですか?

 

住職: 「陰謀論者」の定義って何だと

思いますか? 

大手マスコミとは違う見解を口にする人

です。

 

ーー そうですね、、、、。

 

住職: ということは、昔「大本営発表」

信じなかった人は、当時は非国民と呼

ばれ、今だったら、陰謀論者と呼ばれて

いることでしょうね。

大本営発表・・・太平洋戦争中、軍部が発表していたフェイクニュース。いかにも日本が勝っているかのような報道ばかり流していた。

 

ーー そうですね……。

 

住職: 科学的という言葉も、似たような

ものですけどね。

 

ーー そうなんですか?

 

住職: ライト兄弟の頃は、物体は空を飛べない、

というのが「科学的」な考え方だったんです。

 

ーー なるほど。

 

住職: ようするに現実は、

常に想像を超えるんですよ。

 

ーー そうなんですか。

 

そのチームは、J・F・ケネディ暗殺後に生まれた

 

住職: マスコミに描かれたトランプは、

人種差別主義者の悪人です。

でも彼の目的は、大統領になることでは

ありません。

大統領になることは、あくまでも方便なの

です。

 

ーー 何のための方便なんですか??

 

住職: この際、トランプが善か悪かは

置いておきましょう。

ただ、トランプ、、、、より正確に言えば、

トランプを政界に送り込んだチームの目的は、

一部の人間たちによる支配のシステムを破壊

することなんです。

 

ーー そうなんですか、、、? 

 

住職: 実は、大昔から、権力を行使して、

政治やマスコミを操り、世の中を動かして

きたシンジゲートがあります。

その連中は、人々を洗脳支配して来まし

た。

そのシステムを崩壊し、彼らを根絶する

ことが目的なんです。

 

ーー そんなシンジゲートがあるんですか? 

 

住職: 彼らは、世界中の産業界などの

要所を抑えています。

軍需産業、銀行、IT企業、娯楽産業、

マスコミ等の大株主たち、ヨーロッパの

王族、政治家、裁判官などです。

一族を形成し、さらに手下は至る所にい

す。

 

ーー 本当にそんな人たちがいるんです

か?

 

住職: 彼らは巧みに、自分たちの実態が

見えないようにしています。

それはそうですよ。

外から見えてしまったら、皆が怒ります

からね。

 

ーー 、、、、。

 

住職: そのシンジゲートは、

ディープステートと呼ばれています。

実は、ディープステートを崩壊させる

ために、長年に亘って作戦を立てて来た

組織があるんです。

J・F・ケネディがディープステートに

暗殺されたことをきっかけに生まれた

ものです。

 

ーー そうなんですか、、、。

 

住職: J・F・ケネディの息子と親しか

たトランプは、そのチームの一員なんです。

彼は、大統領になるべく、そのチームに

送りこまれた人間です。

そう考えないと、辻褄が合わないこと

ばかりなんですよ。

 

J・F・ケネディの息子とトランプ

ーー うーん、、、。

 

トランプ陣営の特殊部隊が証拠を押収

 

住職: まあ、それはともかく、

トランプが国際テロ組織に指定した

「アンティファ」という暴力集団があり

ます。

「1月6日は、連邦議事堂にアンティファ

による襲撃がある」という警告が、

2日前に出ていました。

これは、合同議会に出席した議員が、

インタビューで話していました。

 

ーー いやはや、、、。

 

住職: 当然、トランプ陣営もそのこと

は知っていました。

それでトランプは、その時間に、

連邦議事堂から徒歩45分ぐらい離れた

ところで演説したんです。

支持者たちが、連邦議事堂に行って、

騒ぎに巻き込まれないように。

 

ーー では、アンティファが

襲撃したんですか?

 

住職: アンティファは、トランプ支持者

の格好をして、連邦議事堂に押入りました。

 

一方、トランプ陣営は、トランプ支持者の

格好やアンティファの格好をした、

特殊部隊を同じ時間に潜りこませたんです。

 

ーー !

 

住職: その中には、撃たれたことになる

役の人。

あらかじめ潜入しておいた、銃撃音を出

して撃つ真似をする警備員、、、

特殊部隊の隊員たちです。

もちろん、怪我が嘘だとバレないように、

救急車なども全部用意していました。


<下院の議場近くで、デモ隊に銃を向ける議会警察>

 

ーー そこまでやるんですか、、

 

住職: それはそうですよ。

僕が作戦を立てたとしたら、同じような

ことをすると思いますもの。

さて現場では、議会に押し入った人々の

声と銃撃音に怯えた議員たちを、すぐに

避難させました。

 


<暴徒化した人々が議会に侵入しようとする中、ギャラリーに避難する人々>

 

議員たちは、慌てて身ひとつで、移動しました。

そのドサクサに紛れて、トランプ側の

特殊部隊が、議員たちのノートパソコンを

十数台、押収したんです。

 

ーー !!

 

住職: そのパソコンには、議員による

アンティファへの指令、中国共産党や

不正選挙に関わることなど、様々な証拠

が入っていのです。

 

ーー ひゃー!

 

住職: 

このことは、事後に 軍の中将が話して

いたそうです。

 

1月6日には、

そのようなドラマあったんです。

 

ーー 凄すぎます、、

 

今回の大統領選は、世界中が関わる話

 

住職: トランプは暴動を理由に、

州兵を派遣しました。

そして、「皆さん、平和が必要です。

落ち着いて家に帰ってください」と、

動画と文章でツィートしました。

 

<Twitter社が削除したトランプ大統領のツイート動画>

 

ーー はい。

 

住職: 何もないのに軍を派遣することは、

憲法違反でできない。

そのため1月6日に、支持者たちを集め、

そして特殊部隊にフェイクの銃撃をさせ

た。

それを理由に州兵を派遣する一方、

証拠も押収したのです。

 

ーー すごいですね。

 

住職: トランプが

「皆さん、家に帰ってください」

Twitterで文章も流したのは、

意味があります。

それは、「文書でも、帰宅を促すこと」

が、反乱法の大統領令を発動させる、

憲法上の前提だからです。

 

ーー んー、なるほど。

 

住職: トランプは、2018年の段階

で、「外国の勢力と結託して、選挙などで

不正を行った者を逮捕投獄し、財産を没収

する」という法律に署名していました。

 

ーー ほんとですか、、。

かなり周到な計画ですね。

 

住職: 外国の勢力と結託の証拠は、

議員のノートPCに入っていたと思います。

それだけではありません。

世界第8位のイタリアの軍事衛星会社・

レオパルド社員による内部告発があります。

 

ーー うわー、なんですか、それは?

 

住職: レオパルド社の軍事衛星が、

アメリカ大統領選に介入し、トランプ票の

バイデン票へのすり替えに関与していた、

というものです。

イタリア政府が認めたその宣誓書は、

当人の弁護士を通じて、トランプ政権に

渡りました。

 

ーー それにしても、そこまでして

票のすり替えをしていたんですね。

驚きです。

 

住職: その軍事衛星は、バチカンが所有

しており、どうやら不正選挙には、

バチカンも関わっていたようです。

実は、今回の大統領選は、世界中が関わる

話なのです。

 

ーー バチカンも!!!?

 

裁判所の却下も、SNSの言論封じも、想定内

 

住職: 今は、トランプ側からの情報は、

ほぼシャットアウトです。

実際に、何どうなっているのか

見えない状態です。

反乱法が発動され、ディープステートの

大量逮捕が始まっている、という断片的な

情報はあります。

これは、サイモン・パークス氏が動画で言って

いました。

大紀元ニュースでも言っているなど、

複数から出ているので、ホントぽいですが、

真偽のほどは分かりません。

 

ーー マスコミは、相変わらずトランプ

こき降ろしていますが……?

 

住職: 日本の大本営も、敗戦が近づくに

連れて、さらにヒステリックにフェイク

ニュースを流し続けていましたからね。

 

ーー なるほど。

 

住職: それに今は、闇の側についている

内部の人間を、尽く炙り出しているとき

でもあると思います。

油断させれば、彼らはトランプに不利な

ことを言い出すので、それでわかります。

 

ーー そうなんですね、、

 

住職: 彼らも、そうしないとトランプが

負けた時に、逆に粛清されます。

 

ーー なるほど…….

 

住職:  裁判所が却下するのも、SNSが

トランプ側の言論を封じるのも、

折込済みです。

戒厳令を出せば、すべての放送局を

シャットダウンし、緊急放送によって

真実を明かすことができます。

しかしそれには、「司法が機能していない」

などの条件が必要です。

だから、最高裁の却下は折込済みだった

のです。

また、SNSが封じられていることが、

緊急放送を行う理由にもなります

 

ーー いや…ほんと、すごいです。

 

住職: トランプのチームが相手にして

いるのは、先ほど言ったように、

軍需産業、銀行、IT企業、娯楽産業、

マスコミ等の大株主たちです。

彼らは、世界のほぼ全ての産業や政治を

掌握しています。

凄まじく巨大な力を持った、

闇のシンジゲートです。

とてもとても、一筋縄では行きません。

 

ーー ですよね。

当たり前のやり方では、

太刀打ちできないでしょう、、

とてもとても。

 

住職: その背後にあるのは、

魔と言ってもいいほどの邪悪な心です。

世界で、年間800万人の子供たちが

行方不明になります。

彼らは、小児人身売買などにも、

深く関わっているのです。

 

ーー 子どもの行方不明が、

年間800万人も!

そして人身売買にも、、。

許せないですね。

 

住職: また、魔は人間を不安に陥れ、

分断を煽り、怒りの感情を起こさせます。

大手マスコミは、闇の側の宣伝機関です。

 

ーー えっ、そうなんですか、、。

 

住職: アンチトランプの人たちは、

大手メディアの情報ソースだけで、

ものごとを判断しています。

彼らの特徴は、トランプやその支持者たち

に対する「怒り」の感情です。

この怒りは、魔がおこさせているのです。

 

ーー うーん、なるほど、、。

 

住職: それはそうでしょ。

ネガティブな感情を引き起こさせるのは、

魔の力ですよ。

 

今起きているのは、魔との戦争

 

住職: だからこの運動には、牧師など宗教者たちも

関わっているのです。

そして、トランプの集会では、ゴスペルや

賛美歌のようなものが歌われます。


<リンウッド弁護士「ジョージアで悪魔は逃げる。ジョーバイデンが大統領になることはない」>

 

また、トランプ陣営の重要な位置にいる

リンウッド弁護士も、集会では聖書の

言葉を口にし、必ず神に祈りを捧げます。

「これは善と悪との戦いだ。光は必ず闇に

勝つ!」などの言葉も口にします。

 

ーー そうだったんですか。

 

住職: 彼らは今、自分が戦っている相手

の本性が何であるか……すなわち闘いの

相手が霊的な闇の住人であることを、

よくわかっているのです。

トランプ陣営の人たちは、家族も含めて

例外なく、脅迫や殺人予告などを受けて

います。

彼らは皆、神への信仰を拠りどころにして、

文字通り生命がけで闘っています。

 

ーー そうだったんですね……。

 

住職: 彼らは、もしこれに負けたら、

世界の未来が暗いものになる、

ということがわかっています。

それに、もし負けたら、不正選挙は

完全に固定化されます。

もう後はありません。

 

ーー そうなんですね。

 

住職: そのことは、多くの支持者たちも

感じていることでしょう。

またトランプを送り込んだチーム、

陣営のメンバー、また支持する政治家

なども、もしこれに負けたら、徹底的に

潰されます。

トランプ陣営のメンバーは投獄されること

でしょう。

 

ーー  背水の陣の決意で臨んでいるんで

すね。

 

住職: これに負ければ、トランプを支持

した政治家たちは、スキャンダルをでっち

上げられて、政治生命も社会的生命も、

抹殺されることでしょう。

現に今、トランプを支持した議員たちは、

企業献金をストップされました。

企業に圧力がかかったのです。

ワシントンまで行ったトランプ支持者たも、

会社を首になっています。

 

ーー 国の未来を憂いて政治集会に行った

だけで首になるなんて、胸が痛みますね。

 

住職: ディープステート側も、自分たちが

負けたら、逮捕投獄されることを知ってい

ます。

トランプ側は、彼らの犯罪の証拠をすべて握って

いますから。


<リンウッド 弁護士のツィート:「私は殺害されるかも知れない。私の家族も危害を加えられるかも知れない。だから信頼できるフリン将軍、シドニーパウエル弁護士、その他に、犯罪証拠の極秘ファイルを預け、私が殺害されたら、すべてが公表される」>

 

住職: このリンウッド弁護士も、

集会では聖書の言葉を口にし、

必ず神に祈りを捧げます。

「これは善と悪との戦いだ。光は必ず闇に

勝つ!」などの言葉も口にします。

 

ーー すごいですねぇ、、、。

 

住職: これは、お互いに、殺すか殺され

かの戦争なんです。

ただし、戦っている相手の本性は、

闇の住人です。これは、魔と闘う

「ハルマゲドン」なんです。

 

ーー うーん……。

 

トランプ革命は、草の根の民衆運動

 

住職: トランプ陣営の最後の手である

「戒厳令→緊急放送」に持っていくため

には、民意が重要です。

そのための様々な布石は、

長年打ってきたと思います。

 

ーー なるほど。

 

住職: ホワイトハウスの動きを、

直接追っていた時期があります。

トランプは、メディアに出ることのない、

涙ぐましいような様々な草の根の活動を、

ずーっとしてきました。

 

ーー マスコミの印象操作を真に受けて

いる人たちは、そういうところを観てい

ないでしょうね。

 

住職: トランプは、本人も含めて、

家族全員が無給で、地道な草の根の活動を

やって来ました。

それに共感した人々が、トランプを

支持しているのです。

その結果、オバマよりも多い、7400万

人の票を集めました。

しかもそれは、票を操作され、

大幅に減らされた上での数です。

 

ーー そうなんですか? 知りません

でした。

 

住職: またトランプは、アメリカで

一番尊敬する男性に選ばれました

(CNNニュース)。

つい2日前でも、支持率は過半数を超え

ています。

 

ーー へぇー!

 

住職: 実はトランプ革命は、

草の根の民衆運動なんです。

そこに気づかないといけません。

民衆による草の根の革命は、

今こそ実現しなければなりません。

 

「政治を、民衆の手に取り戻さなくてはなりません。」
(トランプの演説より)

「光は、闇に勝たなければなりません。」
(リンウッド 弁護士のツィートより)

 


<写真はホワイトハウスで行われた人身売買サミット2020。
トランプの上いる非白人の女性は、今は人身売買撲滅の活動をしている元被害者>

<右が「人身売買撲滅委員会」の委員長を務める娘のイヴァンカ。夫と共に、無給で活動している

”現在、世界には、2500万人の人身売買被害者がいる。その最後の1人が救出されるまで、私たちが休むことはない” (「人身売買サミット2020」でのトランプのスピーチ)

 

インタビュー後記

住職の話を聞いて、

どんなことにおいても、

本当にそうなのか?

という疑問がこころに起こったら

それを無視してはいけないんだなと

思いました。

毎回思うのです。

いま、すくなくとも日本で

トランプ大統領を支持する人を揶揄する

風潮があるように感じます。

しかし、だからといって、

そういう人がバイデンを支持しているか

というとそうでもないらしい、、。

よその国の話なんだから、、

ということなのか。

今回のお話でも、たくさん考えさせられ

ました。

善と悪の戦い。

目がはなせません!