住職に聴く!2020年9月号

ーー 今年は、時間の感覚がちょっと

妙な感じです。

気づいたら9月になっていたという感じ

です。

毎年時間はあっという間に過ぎると

感じてはきましたが、それが今年は

特異なくらいに感じるのです。

早い、というより時間自体が変化している

ような、、。

 

住職:今は世界中が、時間のエアーポケット

にいますからね。

 

ーーコロナのこともあるのかもしれませんが。

なにか漠然とですが大きな変化の前兆の

ようにも感じます。

 

住職:世界がリセットされる時ですから……。

 

ーー前回は、この「コロナ禍の状況」を

どう受けとめればよいのか、、

そんなことを住職にお聴きし、

住職の下記の言葉で終わりました。

https://www.taosangha.com/2020/08/06/juusyokunikiku-202008/

 

「完全に前提が崩れ、世界観が変わらざる

得ない状態になるでしょう。

結局は自分一人の足で立って、

内なる智慧と言いますか、本能的

な直感を研ぎ澄まして、

自分の信じる方向に向かって進むしかない

と思います。」

 

住職:ああ、そうでしたね。

 

ーー変わらざるを得ない状況に立ち向かえる

のか、正直怖いです。

「自分の信じる方向に」といっても、

心もとないというか。

内なる智慧って、どうしたら得られるの

ですか?

 

住職:『自分を守らないこと。

これまで自分がやって来たことに

執着しないこと。

これまで考えて来たことを心の中から消し

去り、すべてを0から構築し直すこと。』

ですかね?

簡単に言うと過去に執着しないことですね。

地球上がすべてリセットされるのですから。

 

ーー 何だか、すごく大変なことのような

気がしますが、、、。

 

住職: でも、終戦直後の日本もドイツも

そうだったでしょう?

それまでは、「日本が神国、天皇は神様!」

だったのが、あっさり「無条件降伏しま

した、、、」です。

これは、天地がひっくり返るような世界観

の転換で、国中がリセットですよ。

 

ーー そんな時代が来るんですか?

 

住職: 来るでしょうね、世界的に。

 

ーー どのように来るんですか?

 

住職: 分かりやすい所を言えば、

今回のコロナ・パンデミックですが、

僕みたいなのがワーワーうるさく騒がなく

ても、でっち上げだった、というのが

一般論になるか、あるいは年内には、

巧妙なソフトランディングを行い、

収束するでしょう。

 

ーー えー!!? そうなんですか?

 

住職: 週刊SPA!で、「日本のコロナパニ

ックはインフォデミックだ」という記事を

取り上げ、すでにヤフーニュースでも、

小林よしのり氏の『コロナ論』が大反響

という記事が流れています。

ニューヨークタイムスやBBCですら、

今やコロナ検査に疑問を発する記事を

流しています。

 

ニューヨークタイムス(英文記事)

(コロナ検査で陽性と出ても、違うかも知れない)

https://www.nytimes.com/2020/08/29/health/coronavirus-testing.html?fbclid=IwAR0pnOx8Ml78qgiE-bG-l1iT2nUb-DRc71MIq7rYEEw7wQqlGFTAMmqO50I

BBC(英文記事)

(コロナのテストは、死んだウィルスを検出しているかも知れない)

https://www.bbc.co.u
k/news/health-54000629?fbclid=IwAR0pnOx8Ml78qgiE-bG-l1iT2nUb-DRc71MIq7rYEEw7wQqlGFTAMmqO50I

 

ーー へぇー! 論調が変わって来たのでしょうか?

 

住職: これらは、ソフトランディングに

向かう巧妙な動きです。でも同時にその傍らで、

米俳優D・ジョンソン、

家族全員が新型コロナに感染今は回復』(日本語記事)

なんていう記事もあって、

ちょっと、笑ってしまうんですが。(笑)

 

ーー なるほど、、、。

 

住職: でも先のコロナ検査に疑問符を付けている

2つの記事と、下記の来年のオリンピック開催表明

の記事で、

収束の予定を、それとなく民衆に匂わせているんです。

東京五輪、「新型ウイルスに関係なく」開催 IOC副会長が表明

https://www.bbc.com/japanese/54066904

 

ーー そうなんですか…….。

 

住職: 何せ、世界各地で、

コロナ死の数値の水増しが

暴露されていますからね。

Luca ZAIA知事が、イタリア政府ならび地方自治体によるCovid の虚偽を告発。

https://www.facebook.com/senninha.ayrton.5/posts/1694562424032332

 

ーー では、このコロナ騒動が、住職が

おっしゃるように、インフォデミック

世界的情報操作)だったとして、一体、

誰がどのように仕掛けているのしょうか? 

こんな風に、世界中のマスコミや政府を動か

すことなど、可能なのでしょうか?

 

1 .  多国籍企業が、国際政治を動かしている!?

 

住職: 多くの人の頭の中には、国民単位

の国家というものが昔から存在し、

今も存在し、そしてこれからも存在する、

という幻想があります。

 

ーー えっ、違うんですか?

 

住職: 国民単位の国家なんて、

ここ200年近く続いていたに過ぎません。

それ以前は、ハプスブルク家とか徳川家

とかのファミリーによる国家運営です。

人々に、今のような国民意識なんか全く

なかったことでしょう。

 

ーー そうなんですか?

ちょっと、イメージしにくいですね。

 

住職: 何せ人は、今の意識を過去にも

未来にも投影しますからね。

200年以前にも、今のような国民国家

みたいな意識があったと思ってしまうん

ですよ。

それがこれからも続く、と。

 

ーー そうですね。

 

住職: ネットがなかった時代の人間の

意識をイメージするのも、そんなに簡単

なことではないでしょう?

人間は、今の意識で以前の状態を

イメージするから…..。

また、量子コンピューターやAIで全てが

つながった近未来の状態すら、

イメージすることは難しいんです。

 

ーー ホントですね。

 

住職: だから今はもう、グローバル化

していて、実際には国民国家は機能して

いない、ということが、なかなかピント

こないのです。

 

ーー それ、ホントなんですか?

 

住職: 例えば、武漢のウィルス研究所が

あります。

今回の新型コロナウィルスを製造した、

と噂されている所です。

 

ノーベル賞の仏ウイルス学者「コロナは武漢研究所の人工操作」(日本語記事)

https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200422-00174202/

 

この武漢のウィルス研究所に、

オバマ政権が2020年の春まで資金提供

していたことを、イギリスの新聞がスッパ

ぬいています。

アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚 (日本語記事)

https://parstoday.com/ja/news/world-i60712

 

ーー それ、驚きです!!

 

住職: 今、表面的には、アメリカと中国

の関係が大変悪いです。

一見、国と国が言い争っているように

見えます。

しかし実際は、国同士の争いではないん

です。

なぜオバマ政権は、武漢のウィルス研究所

に資金援助していたのか?

また、昔の話ですが、なぜ、ブッシュの

父親の会社は、ナチスに石油を援助して

いたのか?

 

ナチスとアメリカ企業の協力関係 (日本語資料)

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc200.html

 

ーー そうなんですか!?

 

2.   コロナの嘘が世界的にバレて来たのか?

 

住職: その辺りを話し出すとディープ

になり過ぎるのでここら辺でやめますが、

コロナの嘘は、もはや世界的にバレて来て

います。

例えば下記の英文記事は、

「CDC(アメリカ疾病予防管理センター)

は、ひそかに死者数を変更していた。」

というものです。

それは、“18万人の死者は他の疾患に

よるもので、実際のコロナ死は9000人

でした。捏造した数字だったのです。”

というアメリカ政府の内部告発者による

リークが、マスコミ各社にあったからです。

This Week CDC Quietly Updated COVID-19 Numbers 

– Only 9,210 Americans Died From COVID-19 Alone

 – Rest Had Different Other Serious Illnesses

 

日本の厚生省にしても、

もう隠していませんよ。

このビデオで分かります。

 

【コロナは風邪の一種】厚生労働省に聞いてみた【何でも自分で調べよう】 (日本語映像)

 https://youtu.be/O_m3sinndgs

 

ーー これ、ちょっと観たらすごいです

ね! 厚生省とマスコミや行政が言って

いることが、まるで真逆じゃないですか!

 

住職: 話を戻すと、国際政治は国単位で

バラバラに動いているのではなく、

国を越えて、勢力単位でグローバルに動いて

いるのです。

だから、1つの勢力が世界中でコロナ騒ぎ

を起こすことも可能なのです。

 

ーー 何のためですか?

 

住職: 何事も各自で事実を丹念に拾って

調べ、自分の頭で考えた上で結論を出す

ようにした方が良いですね。

マスコミでも、陰謀論でも、

誰かの説を鵜呑みにするのではなくて。

 

ーー はい。

 

住職: いくつかヒントとして事実を出し

ますが、ちょっと驚きです。

実はコロナが始まる少し前の

2019年10月18日(金曜)に、

ニューヨークで「イベント201」が

開催されたんです。

この内容が、何て言っていいか…….。

ビルゲイツの財団や米ジョンズ・ホプキン

ス大学等が主催した、マルチメディア・

シミュレーションなんですが……。

 

 

ーー どんなことをシュミレーションしたのですか?

 

住職: “『コロナ・ウイルス』が

パンデミックを起こす”というものなんで

す。

その会議で科学者は、感染開始から

18か月以内に 6,500万人が死亡する

可能性があると予測しました。

 

ーー ちょっと待ってください……。

コロナが始まる2、3か月に

『コロナ・ウイルス』によるパンデミックが

起こる、としてシュミレーションしていた

というのですか!? 予言していたという

ことですか!?

 

住職: さあ?……(笑)

参加した経済学者は、“コロナの経済的な

影響は凄まじく、産業に大打撃を与え、

サービス業の多くが倒産する”と

シュミレーションしました。

また、政治学者は、世界中で大規模な

デモや暴動が発生し、世界は激動の時代を

迎える”だろうと「予測」しました。

結論としては、「ワクチンによって世界は

助かる」というものでした。

ビルゲイツ氏は、その時点ですでに

ワクチンに投資していました。

また、ビルゲイツ財団は、WHOの最大の

出資者です。

 

ーー ……? 

コロナの発生少し前にコロナ・パンデミッ

クを「予測」し、ワクチンに投資し、

WHOのスポンサーになっている……

これって、ちょっと話が出来すぎていない

ですか? 

以前から、ビルゲイツ財団の中で、すでに

コロナ騒動を起こすストーリーができてい

た、ということではないでしょうか!?

 

住職: 何事も短絡的に決めつけるのは

良くないです。まずは、先のような事実が

あった、ということを知ることです。

このような情報は、ネットには出て来ても、

マスコミには掲載されませんから、

知らない人が多いと思います。

 政治経済学者の植草一秀氏

昨年10月18日イベント201が報道されない不可思議 (日本語記事)

https://www.data-max.co.jp/article/35651?rct=uekusa-blog

 

ーー もしこれが一般の犯罪だったら、

犯人が逮捕される前にテレビで「疑惑のXX」

とかのタイトルで容疑者を報道するのでしょう

けどね……。

 

3.果たしてワクチンは、強制接種になるか?

 

住職:(笑)

その他に、ID2020というプロジェクトが

あります。

 

ーー どういうものですか?

 

住職: 世界中の人の身体にマイクロ

チップを埋めて、そのデジタル認証をID

(身分証明書)にする、というものです。

健康チェックにも使えるし、家のカギ、

電車の切符、クレジットカードにもなり

ます。

主催は、マイクロソフト、ロックフェラー

財団などです。

マイクロチップ埋め込みが義務付けとなる日 (日本語記事)

https://www.trendswatcher.net/050919/geopolitics/マイクロチップ埋め込みが義務付けとなる日/

 

 

ーー 本当なんですか?

 

住職: 実は、すでにスウェーデンでは

数千人が身体にチップを入れて、

電車の切符やクレジットカード、

また家の鍵として使っています。

 

スウェーデンで体内へのマイクロチップの埋め込みが広がる (日本語記事)

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/post-10533.php

 

ーー あれま、、。

 

住職: ID2020を踏まえ、

ビルゲイツやファウチ博士

(アメリカのコロナ対策主任)が

画策していたことがあります。

 

ーー それは、何ですか?

 

住職: コロナ・ワクチンを打った人を

デジタル認証できるようにすることです。

そして、ワクチンを打った人だけが

パスポートを持ち、電車やバスに乗ったり、

就職できるようになるように、法制化することです。

コロナ感染を防ぐためだそうですが……。

 

ーー えー!!!?

 

住職: ……。

 

ーー ……。

もしかしたらコロナ騒動は、ワクチンを

強制化してチップを埋め込むために

画策されたのでしょうか? 

そのためにオバマ政権を通じて武漢の

ウィルス研究所に資金を出し、

コロナウィルスを製造させたのでしょう

か?

 

住職:  まあまあ、結論を出すのは早い

ですよ。

幸いこの企ては、

弁護士のロバート・F・ケネディJR

(暗殺された、ケネディ元アメリカ大統領の甥)

などの尽力で、裁判所で否決されたそうです。

 

歴史的な大勝利:米国でワクチン強制接種廃止へ

https://www.facebook.com/ryokyu.music/posts/3215222755238964:2

 

ーー 良かったです!

 

住職: 先日、ベルリンで150万人

集めて行われた「コロナは偽!」

「反ロックダウン!」、「反ワクチン!」の

デモがありました。ロバート・ケネディJRは、

そこでスピーチしていましたね。

ロバート・ケネディJRのスピーチ(日本語字幕付き)

https://www.facebook.com/100051462403706/videos/161483208910425

 

 

ーー そうですか!

 

住職: トランプはワクチンを年内に

用意する、とは言っています。

が、反ワクチンのロバート・ケネディJRが、

トランプのワクチンに関するアドバイザー

とも言われています。

だから、果たして本気なのか、

今の時点では不明です。

 

ーー  どっちなんでしょうね?

 

住職: いずれにしても、裁判所で否決

されたので、国民への強制は不可能です。

これは、日本もそうでしょう。

大変な論争になりますから。

 

ーー 良かったです…….。

 

住職: 第二次大戦までは、世界のグローバル化

は、カモフラージュされていました。

今はそれが、多国籍企業という形で、

露骨に目に見えるようになりました。

 

ーー 政治家、御用学者、大手マスコミを

動かすことができるグローバル企業の株主

たちとは、一体、誰なんですか?

 

4 . 今、行われているのは、冷酷なサイコパスと人類の闘い

 

住職: 主に、ヨーロッパの王族や金融を

支配するファミリーの一族、シンジゲートです。

それらの血縁関係や資金の流れは、

一枚の大きな図で表すこともできます。

 

           *参考資料/赤い盾」全4巻(広瀬隆著・集英社文庫)

 

ーー そうなんですか…..。

 

住職: 例えば、アフリカの飢餓は、カーギルなどの

穀物会社が人為的に作り出しています。

そして、大手マスコミには

「飢餓は天候不順によるもの」と報道させ、

人々にそう思わせています。

 

「なぜ世界の半分が飢えるのか」スーザン・ジョージ著 参考文献

彼らは、各国政府も大手メディア

も操作できるほどの大きな力を持っているんです。

実は、このシンジゲートによって、ほとんどの国が

借金漬けになっています。

そして、人々が貧困に追いやられています。

人為的に飢餓や貧困を作ることなど

普通の人間だったらできません。

冷酷なサイコパスによる

悪魔的な所業です。

 

ーー …….。

 

住職: 今行われているのは、

冷酷に人間の管理を進めようとして

いる側と、自由を求める熱い人間たちとの

闘いなのです。

 

ーー そうなんですか!

 

住職: 実はトランプの大統領就任演説は、

グローバル企業の株主たちに対する

宣戦布告でした。

 

トランプ新大統領の就任演説 全文と和訳

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38702737

 

ーー  そうだったんですか、、、。

 

住職: トランプは国連でも、グローバリ

ズムの否定について演説しています。

グローバル派は、マスコミを使ってトランプの国連演説を

徹底的にこき下ろしていました。

ワクチン販売のためにウィルスを製造する

薬品業界を批判した、カダフィの国連演説に対しても、そうでしたが。

 

ーー  なるほど……。

 

住職: 一方、トランプは、インタビューで、

自分はディープ・ステート

(グローバル企業の株主シンジゲートの勢力)

を崩壊させる、とまで明言しています。

こうなると、もう名指しでの宣戦布告ですよ。

 

トランプインタビュー私にはディープステートを崩壊させるチャンスがある」

 

ーー だからトランプは、

マスコミで叩かれているのですか?

 

住職: マスコミは、

「ディープステートとは何ですか?」と尋ねて、

議論を深めることはしません。

ただ、「ディープステートなんて陰謀論を言う

トランプ」と、こき下ろしてバカにします。

 

ーー 仮にも、一国の大統領の発言なんだから、

根拠を聞くなどして、

存在する可能性があるなら、

国民的議論にしても

良さそうなものですけどね。

 

住職: 大手マスコミには、

株主の意向に沿った「世論誘導」

という面が、

どうしてもありますからね。

 

ーーなるほど……。

 

住職: そして他の有名人たちにも、

「トランプがまたバカなことを言ってる」

と言わせて、

放送は終わりです。

そうして、人々の思考停止を誘うのです。

 

ーー思考停止を誘うのはなぜですか?

 

住職: 人間は、「物語」によって

ものごとを理解します。

だから、事実の断片だけを聞いたところで、

理解できないのです。

 

例えば、以下の3つのニュースを聞いたところで、

意味が繋がらなければ、

理解が成立しません。

 

1)オバマ政権は、武漢のウィルス研究所に

4億円の資金を出していた。

 

2)ノーベル賞のウィルス学者、

”コロナは人工的に造られたものだ”と発言。

 

3)コロナが始まる前に「イベント201」で

“コロナパンデミックが起こる”

とシュミレーション。

 

人間は、先の3つの情報を

断片的に聞いているだけでは、

理解できません。

3つが繋がって、1つの物語になって

はじめて、それぞれの出来事が

何を意味しているかを

理解できるのです。

 

ーーそうですねぇ…..。

 

住職: マスコミは、断片は提供しても、

繋がりを伝えません。

人間が思考停止している限り、

真相は決して分からないのです。

これが思考停止を誘う理由です。

 

ーーなるほど!

 

住職: 先の3つは、現在でもネットで確認する

ことができる「事実」です。

しかし、繋がらなければ、

人は、理解不能のままです。

いくら事実であっても、

社会問題になりません。

たとえ非道なことが

行われていたとしても。

 

ーーそうですね。

 

住職: 先の話に戻ると、

大事なのは事実かどうかなのに、

トランプのディープステートについての

発言をバカにすることで、

それが、事実かどうかを

考えさせないようにするのです。

 

ーーそうなんですか?

 

住職: マスコミが”トランプってバカだよね”

と言っていれば、人々は、

ディープステートの存在の可能性を

口することで、他の人から

バカにされることを恐れ、

なるべく、考えないようにします。

 

ーーなるほどねぇ…….。

 

住職: これが人々の「思考停止」

の原因なんです。

そして人々は、

マスコミの情報以外のことは

なるべく見ない、聞かない、

考えないようになります。

 

ーーそうですね……..。

 

住職: こうして人々の頭には、

”ディープステートなんて、実際には存在しない、

陰謀論者の妄想だ”

と刷り込まれるのです。

 

ーー巧妙なんですね。

 

住職: だから、先の3つの事実でさえも、

すぐに人々の頭の中では

棚上げされてしまいます。

そして、意識から完全に忘れ去られ、

歴史からも消えて行きます。

 

ーーなるほどねぇ……。

結局、人間は、

事実の断片を聞いただけでは、

ものごとを理解できないんですね。

物語として成立していないと。

 

住職: だから、思考停止しないで、

事実の断片を繋ぎ合わせていき、

ストーリーとして組み立てるのです。

この作業は、真実を理解するには、

必須なんです。

 

ーーホントですね。

 

住職: 名探偵も、いくつかの手掛かりあるだけでは

真相は分かりません。

断片的な事実や証拠を集めて、つなぎ合わせ、

ストーリーが見えることで、

はじめて真相を理解するのです。

 

ーー繰り返しになりますが、

断片的な事実を聞いただけでは、

思考が先に進まず、

フリーズ(停止)して、終わりなんですね。

 

住職: はい。だから事実を拾い集め、

合理的に説明がつく

一連のストーリーとして、

繋ぎ合わせる“思考力”が必要なんです。

 

ーーそうでないと、

思考がフリーズ(停止)するんですね。

 

住職: では、ここで問題です。

これまで拾ってきた、

以下のニュースを繋げ、

合理的な説明がつくストーリー

になるとすれば、

どのようなものになるでしょうか?

 

1)オバマ政権による武漢への資金援助

2)イベント201

3)仏ノーベル賞ウィルス学者による、コロナの「人工ウイルス説」

4)コロナウィスルの威力の弱さ

5)世界的なコロナ死者の水増し大量発覚

6)世界各地のロックダウン

7)人々の反ワクチン、大手マスコミへの不信感

 

ーーこれらのバラバラの情報を、

繋ぎ合わせるんですか?

うーん、そうですねぇ….?

 

住職: 僕も、これらを繋げて

一連の流れとして思考できるようになるまで、

相当の時間がかかりました。

だから、今すぐ答えて頂かなくて

大丈夫ですよ。

 

ーー それを聞いて、ホッとしました。(笑)

 

住職:7つの事実のすべてが繋がる

ストーリーとして、果たして

どんな推理が成立し得るのるか…….?

これは、とても難しい思考実験でした。

やがてすべてが一連の流れとして見えて来た時、

反ディープステート(トランプ側)の作戦の巧妙さに、

非常に驚きました。

 

ーー どんなものだったのですか!?

 

住職:先の「イベント201」自身のサイトで

映像を観たのですが、

コロナが始まる前に「コロナパンデミック」

と言っているのと、

武漢ウイルス研究所への資金援助を考えたら、

やはり、偶然ではないでしょう。

コロナで6500万人が死ぬというシュミレーション

をしていたということは、

ディープ・ステート側としては、

その予定だったのでしょう。

ここで、”そんなことあり得ない!”と

決めつける思考をはずし、

”アフリカの飢餓ですら、

人為的に作り出していることを考えたら、

何でもあり得る”と、

シャーロック・ホームズのように、

柔軟に頭を転換させれば、

“コロナで6500万人が死ぬ予定にしていた

のはあり得る”

という推測も、また成立します。

 

ーー もし、本当だったとしたら、

恐ろしいことですね。

 

住職: ところが、実際の新型コロナウイルスは、

死者数を大量に水増ししなければならないほど、

威力の弱い、ショボいものでした。

コロナとインフルエンザを比較 大規模調査、隔離措置は不要

https://news.goo.ne.jp/article/dailyshincho/life/dailyshincho-655341.html

 

ーー  これを見たら、どうやらそうみたいですね……。

 

住職: 一体、なぜなのか……..?

一つ考えられるのは、武漢でばら撒かれた

コロナウィルスは、反ディープステート側

(恐らくトランプの勢力)が事前に

弱いものにすり替えて、

撒かせたのではないか、ということです。

 

ーー  うーん……。

 

住職: 武漢への資金援助は、

オバマ政権が開始したものですが、

それが2020年の春まで

続いていたこと。

以前からビルゲイツが

人工削減の必要性を訴えていたこと。

ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能と発言」(you-tube動画)

https://www.youtube.com/watch?v=b4vE8AdSPGc&feature=share

 

「イベント201」で、

6500万人が死亡する”と予測していたこと。

また「コロナウイルス人工説」等を、

思考停止せずに考え続けたら、

そこに思い至ったのですが、

他の合理的な説明は、

どうしてもつきませんでした。

 

ーー  たしかに予測が“予定”だったとすれば、

そうかも知れません。

 

住職: それはともかく、

コロナ騒動が始まりました。

ディープ・ステート側は、最初はウイルス

の威力が弱いことに気づかなかったのか、

予定通り、大手マスコミ各社を使ってパンデミックを

煽り、世界中がロックダウン

しました。

 

ーー はい。

 

住職: ロックダウンによって、

人々は困窮しました。

しかし新型コロナは、当初、予定していた

ウイルスより、はるかに威力が弱いもの

だった。

そこでディープステート側は、

各国の厚生省を通じて、コロナ死の水増し

を徹底的にさせた。

それは、記事をご覧になった通りです。

 

【FOXニュース】「死亡診断書の書き方をアメリカの厚生省が指示をしている」

https://filmuy.com/2025/video/411957969

 

ーー そうなんですね。

 

5. コロナ・パンデミックを逆手に取った、巧妙な作戦なのか!?

 

住職: それが世界各地で告発されるよう

になり、結果的にコロナの化けの皮が段々

剥がれて来た。

やがて欧米の人々の半分は、政府や大手

マスコミを信用しなくなりました。

各地で、反ロックダウンのデモも始まり

ました。

それと並行して、“今まで陰謀論とされて

来たことは、どうやら本当のことらしい”と

思う人も急増しました。

ここまで来ると、いくら大手マスコミが

トランプの悪口を言い続けてもダメです。

もはや半分の人は、真に受けなくなって

いるのです。

 

ーー はい。

 

住職: そして実際、トランプ自身が

書いているSNSや、ホワイトハウス

の直接の報道を観れば、

マスコミが伝えるイメージと、

実際のトランプの

行動が真逆だ、と言うことがわかって来て

しまうんです。

 

ーー そうなんですか!?

 

住職: 例えばトランプは、「地球から人身売買

を根絶する」と演説しています。

実際、オバマ政権時代の何倍もの数の

人身売買業者たちを摘発しています。

ところで、1年間で800万人の子供たちが

行方不明になる、と言われています。

アメリカだけで40万人という大変な

数です。

 

国際・子供の虐待/行方不明センター

https://www.icmec.org/missing-children-statistics/?fbclid=IwAR0QSN3xLt6mU-2MlldgOns9WzHErjZnxxO-s0dfz681iJU99AsmK2uYqYw

 

ーー 大変な数ですね……。

 

住職: ホワイトハウスで行われた

「人身売買サミット」には、

立ち直った元犠牲者、救出活動をしている

行政官、知事なども出て来て、自身の体験や

活動内容について話しています。

これは、White House Summit on Human Trafficking

で検索すると観れます。

彼らの話ぶりは真剣で、1日17時間、情熱的に活動して

いるとのことです。

 

また、メキシコの壁を造ったことで、

南からの人身売買が96%減ったという

報告もあります。

 

ーー  そうだったんですか!

 

住職: またトランプは、「現在、世界中

で囚われの身となっている2500万人の

人身売買の犠牲者、女性や子供たちを最後

の一人まで救出する。我々が、それまで

休むことはない」とまで言っています。

ちなみにこれは、

人身売買関連かは明らかではないのですが、

殺人を含む重大犯罪で

一気に1000人を逮捕した、と言う

8月19日のニュースです。

犠牲者の4歳の男の子の名前を取って、

「レジェンド」とつけられた作戦だった

そうです。

 

FBI  1000人を逮捕

https://www.usatoday.com/story/news/politics/2020/08/19/william-barr-operation-legend-arrests-murder-suspects-cities-kansas-city/3399127001/?fbclid=IwAR0pnOx8Ml78qgiE-bG-l1iT2nUb-DRc71MIq7rYEEw7wQqlGFTAMmqO50I

 

ーー ヘェー!

 

住職: 人身売買について、人々は、

耳にしたことはあっても、これまで

大手マスコミに出ることはなかったし、

撲滅しようという勢力も存在しま

せんでした。

この動きは、人類の歴史になかったこと

なんです。もちろんマスコミは報道しません。

しかし、それらの動きを、

ネットを通じて、

映像で観ている人にとって、

重要なことは何も報道せず、

明らかにわかるようなウソでも流す

大手マスコミこそ、フェイクニュース

以外何ものでもなくなるのです。

 

ーー そうでしょうね。

 

住職: だからディープステート側が、

内戦、内乱など、

よほどの手を打たない限り、

トランプは再選されることでしょう。

郵便選挙による票のすり替えは、

トランプ側も

何とか食い止めるでしょうし。

 

ーー そうなんですね……!

 

住職: 今、説明したコロナの前から始まった

一連の流れですが、実は僕は、全てこれが

トランプ側の勢力の巧妙な作戦だと

読んでいるんです。

反ディープステートの勢力(トランプ側)は、

武漢への資金援助も当然知っており、

味方を送り込んでいたでしょう。

また、「イベント201」で

シュミレーションした

コロナパンデミック計画も、

ずいぶん前から察知していたでしょう。

 

ーー そうなんですね……!

 

住職: その上、トランプ政権は、

ロックダウン中に

重大犯罪者や、人身売買者を

逮捕したり、子供たちを救出したりして

います。

行方不明の子ども39人を発見 米ジョージア州

https://news.yahoo.co.jp/articles/88c49fbdad0d54b42e1d19328e550d20d4c937e7

 

ーー すごいですね。

 

住職: 大手メディアのニュースでこそ、

39人という数ですが、ネットでは、

軍が3万5千人の子供たちを救出した

という情報が流れています。

 

Over 35,000 Malnourished, Caged Children Rescued(3万5千人以上の子供たちが救出される)

https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/04/over-35000-malnourished-caged-children.html?fbclid=IwAR34kbqHnBUszk_ydT0PunxBUEtSCkNJV1w7fYYAcIzcZoyxNQLNX-s5yQs

 

ーー すごい数ですけど、

どこにいたんですか?

 

住職: この映像に出てくる

元CIA情報将校のロバート・スティール氏

によれば、「南米からカナダまで、電車が

通っている地下トンネルを、米軍の特殊部

隊が発見した。子供たちは、その中で檻に

入れられていた」というのです。

発見された、人身売買の地下トンネルの写真

 

ーー ちょっと、にわかには信じがたい、

都市伝説的な話ですね。

 

住職: 僕もそう思います。

ただ、地下トンネルが、各地で発見されて、

話題になっているのは事実なんです。

 

ーーそうなんですか。

 

住職: 例えば、「爆破事故があった

レバノンの地下トンネルから、

子供たち8万人が救出」という

写真情報もありました。

ただし、レバノンには、

ヒズボラが対イスラエル戦に

備えて建設した地下トンネルがあります。

 

ーーああ、なるほど。

 

住職: だから、これが果たして、

人身売買被害の子供たちなのかは、

不明です。

それに、個人の写真情報なので、

どこまで信憑性があるかは、疑問です。

しかし、ユニセフの英語webサイトでも、

”レバノンの8万人の子供たちを、

安全なところに移動した”という情報は

掲載していました。

 

ーーそうなんですか。

 

住職: 地下トンネルについては

各地から、人身売買被害の子供たち

の写真やら、救出の映像が出ていますが、

個人撮影が主で、

ニュースになっているのは、

まだ観ていないです。

でも、「クリーブランド(アメリカ)で、地下トンネルを発見」

というTV放送は、ありました。

ただし、人身売買との関連性については情報がなく、

“誰も知らなかった謎の地下トンネルを発見!”

という感じの報道です。

 

Underground tunnel discovered at 27th and Cleveland

(クリーブランド27丁目に地下トンネルを発見のTV放送)

https://www.youtube.com/watch?v=bKvK98_R-nA&feature=emb_rel_end

 

ーー何だか話が凄すぎて、

正直、なかなかついていけない感じです……。

 

住職: そうですよね。

いきなり、こんな情報を出されても

消化できないですよね。

それが普通だと思いますよ。

 

ーーはい……。

 

住職: ただ、北朝鮮による拉致も、

被害者が日本に戻って来るまでは、

都市伝説だと言われていました。

また、神父による性的虐待や、

6%は小児性愛者だと言う説も、

荒唐無稽な陰謀論だとされていたんです。

 

ーーそうですねー。

 

住職: だから、今の時点で結論を出すの

は、どちらにしても、

まだ早いかな、と思っています。

実際、年間800万人の行方不明の

子供たちがどこへ行くのかは、

誰にも解明されていません。

 

ーーはい。

 

住職: 日本の子供の行方不明にしても、

年間17000人(日本の警察発表)から

25000人(国際児童センター情報)

もいることですし……。

 

実は日本全国で少女たちが大量蒸発している        

https://friday.kodansha.co.jp/article/82464

 

ーー それもそうですね…..。

 

住職: ただ、言えることは、

人身売買の組織から子供を買うとなれば、

相当の高額です。

最終バイヤー(購入者)は、

富裕層以外あり得ません。

 

ーー そうでしょうね。

 

住職: しかも、マスコミ、政治家、

また司法組織にまで

影響力があるほどの権力が必要です。

そうでないと、捕まってしまいますから。

 

ーー となると、

ディープステート側の勢力

ということなのでしょうか? 

 

住職: それ以外に考えられますか?

 

ーー そうですね…..。

では仮に、反ディープステートの

勢力(トランプ側)による、

大量の子供たちの救出が事実だとしま

しょう。

さらに、もし、これらの一連の流れが、

彼ら(トランプ側)による、

「捏造されたコロナ・パンデミックを逆手に

取った作戦」だったとしたら、すごいことで

すね。

 

住職: そうですね。

 

ーーだからトランプは、“人身売買を撲滅する”と宣言し、

”自分はディープステートを崩壊させる”

とインタビューで言っていたんですね! 

 

住職: もちろん、僕の話も鵜呑みに

しないでくださいね。(笑)

 

ーーあっ、はい。(笑)

 

住職: 僕が言っているのは、単なる、

荒唐無稽なヨタ話かもしれませんよ。

(笑)

これまで拾った複数の事実

の断片を繋げれば、

以上の推理によって、

合理的な説明が、自分の中では成立した、

ということに過ぎません。

なにせ僕は、トランプが行った、アメリカ大使館

のエルサレムへの移転は、今だに理解でき

ないし、パレスチナの人々のことを思うと、

許せない気持ちもあります。

 

ーー そうですね…..。

 

住職: ここでコロナ・ワクチンの話に戻

しましょう。

2、3か月前は、アメリカ人の33%が、

コロナ・ワクチンを打たない、と言ってい

ました。

それが今や50%です。

アメリカで大手マスコミを信じる人たちの

数も、それぐらいのものでしょう。

 

ーー 両者は並行しているんですね。

 

住職: だからあれだけマスコミに叩かれながらも、

トランプの熱狂的な支持者が

50%前後もいるのでしょう。

今の勢いからすると、

アメリカの反ワクチン派は、

あと2、3か月したら

70%ぐらいにまで増えるのではないか、

と思うほどです。

コロナ騒動によるロックダウンは、

今まで、情報操作されていたことに

気づかなかった人たちを、気づかせているの

です。

 

ーー そうなんですね。

 

住職: もはや、この流れを誰も止める

ことはできないでしょう。

今、人類の意識は変わろうとしているのでしょう。

それが具体的に始まるのが、この秋だと

感じています。

 

インタビュー後記


人々は、気づきはじめている。

これは、アメリカの話?

日本の人々は、どうなんだろう?

だけれど、コロナ禍は世界をある意味

ボーダレスにした。

どこどこの国の人とかじゃない、

まさに人類に起こっていることとして感じ

ます。

 

「今行われているのは、冷酷に人間の管理を

進めようとしている側と、自由を求める熱い

人間たちとの闘いなのです。」と、

このインタービューで住職がそうおっ

しゃったときに、なんだかハリウッド映画

みたいだと思いました。

命をかけて闘うスクリーンの中の登場人物

に、当然のように勇気をもって闘うことを

期待するわけなのですが、、。

じゃ、自分はどうするのか?と考えた時、

このインタビューで住職が話された言葉が

大きな示唆を与えてくれる気がしました。

 

『自分を守らないこと。これまで自分が

やって来たことに執着しないこと。

これまで考えて来たことを心の中から

消し去り、すべてを0から構築すること

。』ですかね?

簡単に言うと過去にとらわれないことです

ね。」

 

過去にとらわれない、、って、

よく聞く言葉ではあるのですが、住職が

おっしゃる意味は、過激といってもいいの

ではないかと感じます。

だって、「これまで考えて来たことを心の

中から消し去り」って可能なんですか?!

次号でまたこういうことなども聞いてみ

たいと思います。