住職に聴く!アースキャラバン2019 人類初の試み、「希望の火」プロジェクト

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

遠藤喨及 東京生まれ。少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職の他、タオ指圧/気心道創始者、作曲&演奏家、海外支援や平和活動を行うNPOアースキャラバン代表、ゲームCHATRANGA考案者等、多才な活動で知られている。
90年の初頭から現在に至るまで、北米各地、ヨーロッパ各地、中東(イスラエル、パレスチナ)、オセアニアなど世界各地でタオ指圧、気心道、また仏教ワークショップを行っている。
またその足跡によって、世界10カ所にタオサンガが生まれ、各センターで、タオ指圧の施術と指導や念佛修行、海外支援活動などが行われている。                                  

遠藤喨及個人ページ http://endo-ryokyu.com/

 

アースキャラバン2019
人類初の試み、「希望の火」プロジェクト

 

ーー 今年3月20日のNPOアースキャラバン

のローマ法王謁見は、今後の活動に

どのような意味がある、と思われますか?

 

住職: どのような意味があるかは、

あとでわかることかも知れません。

とりあえず、実現できてホッとした、

というのが正直なところです。

 

 ーー 実現できてホッとした、

というのは?

 

住職: アースキャラバンも

和田寺タオサンガ道場も、

それで世界が良くなるなら

面白いことを何でもやろう、

ということでやっています。

 

ーー ああ、そうなんですか。

 

住職: 要は、仏教の唯識の

実践なんです。

 

ーー 唯識って言葉はなんだか

難しそうですが、、。

世界がよくなることなら、

面白いことは何でもやろう、

ということが唯識の本質なら、

すごいですね! 

実践を通して住職が伝えたいことは

何ですか?

 

住職: 想いによってものごとは

実現できるし、世界も変えられる、

ということです。

それを実証して見せて、

みんなに人生や世界に希望を

持ってもらいたいのです。

 

ーー 想いが実現するって本当なのか

どうかわからない、と思っている人は

けっこういるのではないかと思います、、。

その実感がなければ、結局は言葉遊び

しかないんじゃないかって、、。

 

住職: 「世界はイメージによって

できている」

という唯識が真理だということを、

アースキャラバンで証明したい。

僕はそう思っているんです。

 

ーー “念ずれば華開く”、

想いは何でも実現する”、

って聞きますけど、

“そんなの誰でも

できることじゃないよね”って、

思う人も多いと思います。

 

住職: ローマ法王謁見だって、

実現するかどうかなんて

全く分からなかったんです。

普通に考えたら、

限りなく0%に近かったかも知れません。

住職に聴く!バチカン篇
 https://www.taosangha.com/2019/04/01/juusyokunikiku-201904/

 

ーー ほんとそうですね。

普通は”そんなの無理に決まってる”

って最初から諦めます。

でも、住職の言葉を聞いて、

純粋な思いは強いんだなってことも

感じました。

 

住職: ”これでみんなに、

未来に対してもっと

希望を持ってもらえるなあ”

と、そう思ってホッとしたんです。

 

ーー 和田寺道場とアースキャラバンの

共通のコンセプトはそこにあったのですね。

 

住職: 他にも

「他者の幸福への無責任性という

エゴを克服してこそ世界は良くなる」

っていうのもあります。

 

ーー ヘレン・ケラーも

同じことを言っていますね。

 

住職: 「他者の苦しみに寄り添うことこそ

が、世界に平和をもたらす」

っていうのもそうです。

 

ーー アースキャラバンは、

単なる平和活動ではないんですね。

 

住職: そもそも僕は、平和とか愛とか

そういう言葉って苦手なんですよねー。

”平和、平和”って騒いだって、

平和になるわけじゃないし、、、。

 

ーー わかる気がします。

 

住職: 人の苦しみに無関心だったり、

無責任に場を暗くする人とか、

人を緊張させるような人に、

「愛と平和」(LOVE & PEACE)って

言われてもねー。

 

ーー そういう人に、愛と平和なんて

言われれば言われるほど、

用心深くなります(笑)。

 

住職: ふふふ。

 

ーー  ところで、

アースキャラバンの活動ですが、

バチカンでは、ローマ法王に

原爆の残り火を、

”核や武器の廃絶“の象徴として

吹き消して頂いたわけです。

 

住職: はい。

 

ーー  今後はどうされて行くのですか?

 

住職: そうですね。

四大宗教の宗教者とエルサレムにて

 

アースキャラバン東京イベント(木場公園2017年) 四大宗教の方たちと

 

次は、世界の宗教者たちに

協力してもらうことで、

人類が一緒に創っていける

プロジェクトをしようかな、と。

 

ーー それは、どんなものですか?

 

住職: 過去の悲惨さの象徴である

原爆の残り火を、人類共通の平和の

祈りを込めた「希望の火」に

変容させる、というものです。

 

ーー 具体的には、

どんなことなんですか?

 

住職: まず今年の秋、

被爆地である浦上天主堂に

広島原爆の残り火を灯し、

人々に平和を祈って頂きます。

 

ーー はい。

 

住職: その後、その火と共に、

全国の様々な宗教施設を

自転車で巡り、各地で様々な人々に

祈りを込めて頂きます。

広島で行われたアースキャラバンピースキャンドル

 

2015年、星野村からパレスチナに運ばれた「平和の火」

 

そして、東京で行われるローマ法王の

ミサで火を灯して頂くためにお届けします。

 

ーー へぇー!

 

住職: さらに来年には、

イエス様が生まれたベツレヘム

(パレスチナ自治区内)の教会に灯し、

その後も世界を巡って、人類の平和への

祈りを加えて行こうかな、と。

 

ーー  壮大な構想ですね!

 

住職: ありがとうございます。

とりあえず、「希望の火」プロジェクトって

呼んでます。

 

インタビュー後記

70年以上前に広島に投下された

原爆の残り火が存在しているということを

数年前アースキャラバンを通して

初めて知った時は、驚きました。

その火をパレスチナまで運んだ

ドキュメンタリ―映画
『BE FREE~原爆の残り火をパレスチナへ~』

を観てさらに数年が経ち、

アースキャラバンの活動の芯に

あるものが何なのか、

いつもそれが知りたいと思っていました。

 

「平和とか愛とかそういう言葉って

苦手なんですよねー」と話される住職が、

ローマ法王謁見が実現したことで

「これでみんなに、未来に対してもっと

希望を持ってもらえるなあ、と」と言われる。

「希望」がどれほど大切なものか、

住職はきっとご存知なのだろうと思います。

今回住職から聞いた、

世界の宗教者たち、いや人類みんなが

協力し合うことで創るプロジェクト。

このプロジェクトが本当に実現したら、

それは、私たちは歴史が覆る瞬間に

立ち会うことになるのではないか、、、。

そう思って、鳥肌が立ちました。